Loading...

マウスピース矯正

見えない矯正・マウスピース矯正はお任せ下さい。
豊島区 マウスピース矯正

マウスピース矯正について

マウスピース矯正=インビザラインとは、透明なマウスピース型の矯正装置を用いた、比較的新しい矯正治療方法です。

マウスピース矯正=インビザラインであれば、矯正装置が透明のマウスピースなので、相手に伝えない限り、おそらく誰も矯正治療を受けていると気づかれないと思います。 マウスピースは、いつでもご自身で取り外しが可能なため、食事や歯磨きなどいつもと変わりない生活が可能です。 また、金属を用いないので金属アレルギーの心配もありません。

治療は、マウスピース(インビザライン) を約2週間ごとに新しいものに交換し順次装着することで、少しずつ歯が移動し、理想的な歯並びへと近づいていきます。

東京都豊島区のミント歯科大塚では、このマウスピース矯正=インビザラインに対応しておりますので、マウスピース矯正での矯正治療をご希望の方は、是非当院へご来院下さい。

マウスピース矯正の特長

目立ちにくい

目立ちにくい

矯正に用いるマウスピースは透明で、目立ちにくいため、装着していることがほとんど分からず、見た目によるストレスを感じません。

取り外しができて衛生的

取り外しができて衛生的

食事や歯みがきの時はマウスピースを取り外すことができるため、普段通りに歯のお手入れができ、口腔内を衛生的で健康な状態に保つことができます。

口腔内トラブルが少ない

口腔内トラブルが少ない

マウスピース矯正は金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも対応可能です。また、お口の違和感が少なく従来の矯正装置のようなワイヤーやブラケットが外れるトラブルがありません。

ワイヤー矯正と
マウスピース矯正の比較

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

  • ワイヤーやブラケットなどの装置が目立つ
  • 取り外しができないので、食事やブラッシングが困難
  • 痛みを伴う場合が多い
  • ほとんどの歯列不正(悪い歯並び)の治療が可能
  • 虫歯なりやすい

マウスピース矯正

マウスピース矯正

  • 矯正装置が目立たず、治療中であることが気付かれにくい
  • 取り外し可能なので、いつも通り食事や口腔ケアができる
  • 痛みを伴う場合はあるが、比較的少ない
  • 歯並びによっては、治療ができない場合もある
  • ワイヤー矯正より治療期間中に虫歯になりにくい

iTreoによる精密口腔内スキャン

精密口腔内スキャンiTreo

豊島区南大塚にあるミント歯科大塚では、精密口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」を完備しております。 この口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」とは、マウスピース矯正インビザライン専用の精密口腔内スキャナーで、特殊なカメラでお口の中を様々な角度から撮影し、口腔内を3D画像としてスキャンする機材です。
(※2020年3月現在インビザラインと連動できるスキャナーは、日本国内でこのiTeroのみです。)

インビザラインというマウスピース矯正を始めるには、一度患者様の歯型を採取する必要があり、それを基にシミュレーションを行い、オーダーメイドのマウスピース型矯正装置によって歯並びを整えて行きますが、通常の歯型採取は、印象材の準備と硬化待ちに数十分かかり、印象材(柔らかいガムのような物)を数分噛み続ける事で型を取るので、不快に感じたり、印象材が口の中に残るケースがあります。

しかし、iTeroはスティックタイプのカメラで口腔内を撮影するだけなので、5分程度で採取が完了します。 また、従来の方法であれば、採取した歯型をデジタル化する工程がありますが、iTeroは始めからデジタルデータでスキャンするので、通常よりも半分の期間で治療が開始できます。

そして、インビザラインで1番トラブルが多いのが、歯型の採り直しです。 印象材を用いた方法では精度が安定しない上に、即日結果が出ないので歯型採取だけで数か月かかるケースもありますが、 iTeroは不備があった時、その場でエラーが出るので採り直しリスクは、ほぼゼロです。

上記のように、口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」を用いることにより、印象材(柔らかいガムのような物)を用いた通常の歯型採取に比べ、歯型採取時の患者様の負担を大幅に軽減することができます。

小児矯正歯科について

小児矯正歯科

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

小児矯正(子供の矯正)を始める時期については、顎の骨が成長する6歳~12歳までの間に行うと有効だと言われています。この時期に矯正を行うことによって上顎と下顎の大きさのバランス、歯と顎の大きさのバランスをある程度コントロールすることができます。

幼少時に検診を受けられることにより、早期に問題を発見することなり、後に永久歯が生えてから治療を行うよりも治療期間も短く、費用も少なくてすむメリットがあります。

また、幼少期に矯正治療を始めることにより、非抜歯で矯正治療を行える可能性が高くなります。

非抜歯矯正方法とは、早い時期から取り掛かり患者さまの歯並びを歯科医師の側で成長させながら並べていく方法です。
この非抜歯矯正方法は、6才臼歯が生えそろう頃から表から見えにくい装置でゆっくりと行っていきます。期間は長くかかりますが、虫歯や歯周病ではない健康な永久歯を抜歯せずに歯並びを治すことができます。

以下のような歯並びの状態の場合、矯正治療をお勧め致します

上顎前突
(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が極端に前方に出た状態。

下顎前突
(受け口)

下顎前突(受け口)

下の前歯が極端に前方に出た状態。

叢生
(八重歯)

叢生(八重歯)

歯が凸凹に重なり合った状態。

開咬
 

開咬

閉じた前歯に隙間ができ、咬み合わない状態。

過蓋咬合
 

過蓋咬合

上の歯が下の歯に深く被さった状態。

交叉咬合
 

交叉咬合

咬み合わせが部分的に反対になっている状態。

   
ミント歯科大塚

〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-46-3
大塚グリーンビル7F
TEL:03-6304-1914
JR山手線 大塚駅より徒歩1分

診療時間
午前診療09:00~12:30
午後診療14:00~18:00
【土曜日も診療】
【休診日】日曜日、祝祭日

医療法人社団ミント会 運営サイト
  • 本院:ミント歯科大山
  • 分院:ミント歯科上板橋
  • 大阪本院:ミント歯科
  • 板橋区 マウスピース矯正

03-6304-191403-6304-1914
ネット診療予約ネット診療予約
ネット診療予約